商品名・キーワードで探す
検索する
職業/用途別おすすめ機種
営業日カレンダー
2021年 01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2021年 02月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       

簡易無線機(登録局)とは

無線機(トランシーバー)には、大きく分けて3つの種類があります。



登録局は2つ目の「簡易業務用無線機(デジタル簡易無線)」に該当します。
簡易業務用無線機の特徴として、使用する際に総務省への申請が必要になります。

また、簡易業務業無線機は2つの種類に分けられます。
●登録局 ●免許局

 

【免許局】
 ・総務省への免許申請が必要。
 ・使えるチャンネルが多い。
 ・同じ免許の中でしか使えない。
  →警備会社等の業務用で利用されることが多い

【登録局】
 ・総務省への登録申請が必要。
 ・使えるチャンネルが免許局に比べて少ない。
 ・レンタルでも利用できる。
    →登山等のレジャー利用が多い

 

登録局 免許局
免許形態 免許不要
(別途登録申請は必要)
無線機1台1台につき免許が必要
利用用途 レジャー・業務 業務のみ
チャンネル数 UHF帯:デジタル30ch、上空用5ch VHF帯:デジタル19ch、アナログ9ch
UHF帯:デジタル65ch、アナログ35ch
周波数 UHF/デジタル 351MHz帯 UHF/アナログ 465MHz帯・468MHz帯
UHF/デジタル 467MHz帯
VHF/アナログ/デジタル 154MHz帯
レンタル 可能 不可
電波利用料 400円×局数/年 400円×局数/年
 

【免許局はこんな方におすすめ】

・混信を避けたい方
・他の人に通話の内容を聞かれたくない方
・アナログ通信の無線機が使いたい方

 

【登録局はこんな方におすすめ】

・簡易な手続きで利用したい方
・レジャーで利用したい方
・常用の数だけ保有して、臨時の時は追加でレンタルしたい方